北斗宮の大クス

樹高約45m、胸高周囲5.8m、枝張り14m。

境内に大楠神社として祭礼される神木は、三千年の大楠として貝原益軒の『筑前国続風土記』中に記載されたものでしたが、江戸時代寛政年間に火災にあい、約60年程前に枯れ果ててしまいました。

現在の楠は、元の大楠に隣接し、その子楠にあたるもので樹齢600年といわれています。
昭和55年(1980)に(旧)嘉穂町の天然記念物に指定されました。

北斗宮の大クス

所在地:嘉麻市大隈町988


    • 嘉麻の釜めしの素

      嘉麻の釜めしの素
    • 登山・トレッキング

      登山・トレッキング
    • KAMAジャンバナー

      KAMAジャンバナー
    • 嘉麻の匠 工房・ワークショップ

      嘉麻の匠 工房・ワークショップ
    • 嘉麻市の蔵元 酒造

      嘉麻市の蔵元 酒造
    • NPO・まちづくり団体

      NPO・まちづくり団体
    • 農産物直売所

      農産物直売所
    • ツーリズム情報

      ツーリズム情報
    • 季節情報

      季節情報