エリア情報

古処山のツゲ原始林

ツゲの原始林

ツゲの原始林は、嘉穂町と甘木市にまたがる標高861mの古処山々頂付近に広がっています。ここは、三郡変成岩地帯にあって山頂部付近にのみ晶質石灰岩があり、標高も高いことなどから学術上貴重な植物が豊富に生育しています。

( 詳しくはコチラ » )

木造如来形立像

木造如来形立像

ヒノキ材一木造、高さ80.5cmを測る木仏で平安後期の作です。昭和58年(1983)には町の有形文化財に指定されました。両手と両足先は、柄差込式になっていて、現在は失われています。

( 詳しくはコチラ » )

華文刺縫陣羽織(かもんさしぬいじんばおり)

秀吉の陣羽織 「華文刺縫陣羽織(かもんさしぬいじんばおり)」

天正15年(1587)、豊臣秀吉の九州出兵の際に、秋月攻略の恩賞として当時の大隈町が秀吉自身から賜ったとされるもので、昭和35年(1960)に国の重要文化財に指定されました。

( 詳しくはコチラ » )

原田遺跡出土品一括

上:管玉・有文小銅鐸・単夔文鏡、下:内行花文鏡

弥生時代中期(紀元前2世紀頃)と後期(紀元2世紀頃)の墳墓群から出土した遺物群で、管玉、有文小銅鐸、単夔文鏡、内行花文鏡、鉄剣、土器などがあり、平成11年(1999)に県の有形文化財(考古資料)に指定されました。

( 詳しくはコチラ » )

鎌田原弥生墳墓群出土品一括

銅 戈

弥生中期の墳丘墓内にある、木槨墓、木棺墓、甕棺墓等から出土した青銅器、玉、石器等と甕棺で、平成11年(1999)に県の有形文化財(考古資料)に指定されました。

( 詳しくはコチラ » )

【夜ごと皿を数えるお菊の声が…】皿屋敷伝説

お菊大明神

恐ろしくも悲しいお菊の伝説が嘉麻市にも。
お皿を数えるお菊の悲しげな声が、今も聞こえてくるようです。

( 詳しくはコチラ » )

鎌田原弥生墳墓群

鎌田原弥生墳墓群

弥生中期(紀元前2世頃)の墳丘墓で、周溝をもった方形プランの中に、大陸の影響を強く受けたと見られる木槨墓を中心に甕棺墓や木棺墓、土壙墓など総数20基のお墓があって、その中から,青銅の戈や剣、ヒスイの勾玉、碧玉の管玉、磨製の石剣や石鏃(矢じり)などが出土しました。

( 詳しくはコチラ » )

【郷土が生んだ天下無双の横綱】不知火光五郎

不知火光五郎 墓

あまりの強さゆえに短命で生涯を閉じたという伝説の横綱。
その力士の名は「不知火光五郎」。

( 詳しくはコチラ » )

木造薬師如来坐像 及び 十二神将像

薬師如来

薬師谷山腹にあるお堂内の仏像群は,『嘉穂郡誌』にも登場する古仏群で、昭和58年(1983)に町の有形文化財に指定されました。薬師如来は、クスの一木造で像高77.5cmを測り、平安前期に遡る貴重な木仏で、左手には薬壺が置かれていました。膝前や腹部、両手は後の修理を受けたもので、宝暦13年(1763)の年号と地元有志及び仏師名があります。

( 詳しくはコチラ » )

【一夜で出現した秀吉の城】益富の一夜城

秀吉一夜城

豊臣秀吉の知恵が冴え渡るトリック戦法。一夜のうちに出現した城とは…。

( 詳しくはコチラ » )

    • 嘉麻の釜めしの素

      嘉麻の釜めしの素
    • 登山・トレッキング

      登山・トレッキング
    • 嘉麻の匠 工房・ワークショップ

      嘉麻の匠 工房・ワークショップ
    • 嘉麻市の蔵元 酒造

      嘉麻市の蔵元 酒造
    • NPO・まちづくり団体

      NPO・まちづくり団体
    • 農産物直売所

      農産物直売所
    • ツーリズム情報

      ツーリズム情報
    • 季節情報

      季節情報